モバイルゲーム市場が大いなる成長を見せ、コンシューマーゲーム市場と共にテクノロジーを駆使する中、VR(ヴァーチャルリアリティ仮想現実)ゲームが世界中から期待されています。大きなゴーグルを頭から掛けて目の前を別空間に仕立て上げてくれるゲームは本当に現実からかけ離れた空間です。

最近ではオンラインのスマートフォンゲームなどに合わせて、小型のメガネのようなものを掛けてプレイできるものもご近所の電気店などから続々発売されています。高価アイテムだったVR機の肝心なお値段も、今や千円前後からとかなり安価になりました。

まさに大人から子供まで誰でも遊べて、気軽に手に入るようになっているのです。出始めのころは3D酔いや眼球への刺激などが起こってしまうために、成長期のお子さんやご老人には使用上の注意が必要でした。今でもやはり安価なものに関しては、お値段の分だけそういったリスクは多少はありますが、現在ではより多くの改善がなされております。おかげさまで、まさにどなたでも場所を選ばずにゲームを通して異世界へとトリップすることが可能となりました。

仮想空間でのプレイはより一層実体験に近いものとなり五感を刺激し、体験が脳裏に深く定着することから、教育やトレーニングを主とした機関などからは特に大注目を浴びているのです。技術を持った世界有数の医者からの指導が大多数の人間に向け遠隔で行われたり、人間が簡単に行き着くことが出来ない深海や宇宙の仮想空間でのリアルな訓練にも利用され人類の英知拡大に貢献しています。