ギャンブルゲーム、特にオンラインやモバイル機器を利用して遊べるタイプの人気コンテンツにはどのような傾向が見られるのでしょうか。率直的な観点から見ますと、金銭的利益の得やすいものとプレイした時間が有意義に感じられるといった2つの点をクリアしていることが重要となります。金銭的利益につきましてはフィフティ・フィフティです。勝つ人がいるということは負ける人がいるということ。誰もが勝利者になれるわけではありません。しかしこの不利益をも一掃させるような内容を兼ね備えたゲーム。それはゲームの作り手がマルチンゲールの法則(数学でいう確率)や人間のスリルを味わう心理状態をうまく利用して手掛けられています。とあるサイトの現時点でのランキングは以下のようになっています。

1位 Betway Casino

2位 Jackpot City Casino

3位 Magic Red Casino

4位 Spin Palace

5位 888 Casino

このランキングは主に英語圏のもので日本は含まれていません。日本では現時点で1位がベラジョンカジノです。「ジャックポットシティカジノ」は英語圏でも日本でもランキングに入っているので、地域を問わない人気ぶりがうかがえます。このゲームはイギリスとアイルランドの中間、マン島のマイクロゲーミング社が制作していて数々の賞を受賞している会社です。日本にも人気があるのはゲーム自体のテイストもさることながら、日本語のサポートの優秀さも影響しているようです。ゲーム内での手厚いサービス、安心感、分かり易さといった要素は金銭に対するウェイトが重いにも関わらず、実際人間と対面しないオンラインやモバイルカジノでは必要不可欠です。